遠藤憲一の意外な一面とはマルチーズ好きなナレーター?

kenichi_e2遠藤憲一の意外な一面とはマルチーズ好きのナレーターと一部で噂になっていますね。確かに強面の俳優というイメージが強く、意外な一面は気になるかも。

そこで、今回は。遠藤憲一の意外な一面と噂されるマルチーズ好きのナレーターという話について触れていきます。

遠藤憲一な意外な一面マルチーズ好きって本当?

強面系の役を多く演じられているためか、何故か怖い印象が強い俳優遠藤憲一さんが、マルチーズが好きとネット上でも何かと噂になっているそうですね。

確かに、イメージとしては遠藤さんとマルチーズは全く結びつきにくいのは分ります。
そもそも犬を飼っているということすらイメージしにくいだけに、マルチーズを本当に飼っているのかと疑いたくなってしまうのですが、意外なことに遠藤さんはマルチーズを飼われているそうです。

そもそも遠藤さんが飼われているというより奥さんが遠藤さんの許可なしに強引にマルチーズを飼うようになったらしく、元々犬が苦手だった遠藤さんも愛犬を飼うようになり、このマルチーズは好きになっていったと言われています。

▼遠藤さんと愛犬『まめ』・『エレキ』
kenichi_e

ちなみに愛犬の名前は『まめ』と『エレキ』

最近は、お父さん役をやられていたり、バラエティーにたまに出演される時は凄くおちゃめな一面を見せてくれている遠藤さんだけに、普段はすごく優しくて面白い方なのでしょうね。

なんだかんだいいながら愛犬と戯れ笑顔を振りまいている光景が目に浮かんできます。

強面の役からは全く想像出来ませんが・・・

遠藤憲一さんは意外にもナレーター?

これも遠藤さんの意外な一面ですが、かれは、みなさんが知らないところで、ナレーターとして映画のCMなど様々な声の仕事をされています。

ジョン・トラボルタやジョナサン・エドワーズが主演されている映画『パリより愛をこめて』も映画のCMでナレーションされているのが遠藤憲一さん。

▼『パリより愛をこめて』ナレーション収録風景映像

その他、TBSドラマ『JIN~仁~』の番組提供のみのナレーションもされているのが遠藤憲一さんです。

役者としてこれだけブレイクされている方が、番組提供のナレーションをされているとはすごく意外な一面ですよね。

それだけ些細な部分でもしっかり仕事されているプロフェッショナルな方であり、声に魅力のある役者さんだということですね。

この秋始まったTBSドラマ『安堂ロイド』でも、刑事・葦母役で凄く渋く演じられています。

その安堂ロイド第9話では多重性人格障害と診断され入院を余儀なくされた沫嶋七瀬(役:大島優子)が病院に現れた謎の人物レイコにそそのかされて体を乗っ取られてしまう事件が発生。

▼大島優子さん
yuuko_o

さらに病院からも逃亡されてしまい、麻陽(役:柴咲コウ)たちは七瀬を捜索するが・・・

その中に遠藤さんが演じる刑事:葦母もするようですね。

果たして、一連の謎はどのようにして解明されていくのか、その真相が気になる方はぜひ、放送をご覧下さいね。

今後もいぶし銀的魅力をふんだんに伝えてくれる役者として大いに活躍されるでしょう。

強面俳優としてだけでなく、素敵なお父さん役としてや渋い声を使った様々なナレーションなど、どんどん魅力を引き出し多くのファンを魅了し続けてくれると遠藤憲一さんのご活躍に期待しています。

PR:ブログランキング応援おねがい!!

ブログランキング参加中です。よろしければ応援おねがいします。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

リンク集(芸能関係以外)

最近のコメント

    おすすめ商品



    アーカイブ

    QLOOKアクセス解析

    QLOOKアクセス解析

    ブログランキング

    ・にほんブログ村 にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ

    ・ブログランキング

    このページの先頭へ